2017年12月26日

ウサギのコクシジウム症

こんばんは。中村です。

先日、幼いウサギさんが下痢を主訴に来院されました。
子うさぎさんの下痢は脱水や食欲不振を引き起こし致命傷になることがあります。
まずは検便を行います。
DSC_6456.JPG
コクシジウムです。腸に寄生する悪いやつです。
駆除剤の内服で治る病気なのですが、幼いうさぎさんでは重症化することがあります。
やっかいなことは大人の健康なうさぎではコクシジウムを持っていても症状が出ないことがあるということです。つまり感染していても発症していないことがあるのです。
複数羽飼育の場合、症状が出ている子を治療していくだけではコクシジウムはいなくならないということです。
定期的な検便はとても大事な検査です。
もし検査で引っかかった場合は、しっかり駆虫薬を飲ませるだけでなく周りの環境もしっかり掃除することが蔓延防止の上でととも大事なことです。
感染はそのウサギの便で汚れたご飯を食べたりすることによって成立します。
消毒はアルコールや塩素では効果がなく、熱湯消毒、汚染したものの天日干しが有効です。
排便したての便はまだ感染型にはなってはおらず、3−4日たってから感染型に変化します。

DSC_6477.JPG
posted by ぽてと動物病院 at 23:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

里親募集【スコティッシュ】【ミヌエット】

こんばんは。中村です。

先日、当院にかかられている患者さんから里親募集の相談がありました。
家族(人間)が猫アレルギーになってしまい猫を飼えなくなってしまったとのこと。
2匹の小さな猫ですが、一緒に里親になっていただける方がいらっしゃいましたら当院にご連絡ください。

DSC_6430.JPG
品種:ミヌエット
生年月日:2017.5.11.(現在生後7か月齢)
体重:3.18kg
性別:未避妊メス

DSC_6424.JPG
品種:スコティッシュフォールド(立ち耳)
生年月日:2017.5.12.(現在生後7か月齢)
体重:3.00kg
性別:未避妊メス

2匹とも健康状態は良好です。
初年度の3種混合ワクチン接種済。ノミ・マダニ予防駆虫薬投与中。
トイレしつけ済。

先日の当院でのホテル中の写真です。とても人懐っこくゴロゴロいっていました。
posted by ぽてと動物病院 at 23:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥もち

こんばんは。中村です。

本日、鳥もちの罠にひっかかったスズメさんが来院されました。
『鳥もち』とは鳥や虫、ネズミなどを捕獲するために作られた粘稠性の罠です。
別名『ねずみホイホイ』

今回はネズミを駆除するために設置された鳥もちにスズメがひっかかって身動きがとれなくなりました。
PC182370.JPG

まずは被害を最小限にするために鳥もちから皮膚を傷めないようゆっくり剥がします。
鳥もちは油溶性なので『オリーブオイル』で洗います。
そうするとベトベトの粘稠度は減るのですが、油まみれになるのでヌルヌルになります。
今度はオレンジオイルで洗います。
PC182379.JPG
その後は乾かして体力の回復待ちです
なんとか食欲はあるようなので頑張ってほしいものです。
DSC_6452.JPG

みなさんも鳥もち、ゴキブリホイホイ、ハエ取り紙の取り扱いには注意しましょう。
posted by ぽてと動物病院 at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする