2018年07月06日

イエダニ《ハムスター》

こんばんは。中村です。

先日、ペットショップで購入したばかりのハムスターさんにダニがいるとのことで来院がありました。
血を吸われて貧血が起きていて元気もない状態でした。
取ったダニを顕微鏡で見てみると
DSC_0215.JPG

DSC_0227.JPG
イエダニでした。

イエダニは、ハムスター、スナネズミ、モルモット、マウス、ラット、ウサギ、人に寄生します。
イエダニはオスもメスも吸血します。サイズは0.75mmくらいで、血を吸うと赤くなり1mmを超えてきます。
動物に寄生するのは吸血時のみで、その他の間は床敷きや壁の割れ目などに潜んでいます。
約60日の寿命の間におおよそ100個の卵を産みます。
吸血により痒みを伴う皮疹や貧血を起こし、濃厚感染すると繁殖障害、重篤だと致死的なこともある。
治療は、駆虫薬と環境の清掃です。
当院ではレボリューションという駆虫薬を使用しています。

また、イエダニはQ熱、発疹痘など人獣共通感染症を引き起こす原因となることもあるので注意が必要です。
posted by ぽてと動物病院 at 23:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする