2018年07月07日

ヒゼンダニ《猫》

こんばんは。中村です。

先日、外猫さんが皮膚を痒がるとのことで来院されました。
皮膚全体がガサガサしていて傷ができていました。
P5092744.JPG

P5092745.JPG

ガサガサしているところのフケをとって顕微鏡で見てみるとダニがいました。
P5092747.JPG
ネコショウセンコウヒゼンダニです。

体長はメス0.21-0.23mm。オス0.14-0.15mm。
猫では一生を皮膚のトンネル内で過ごす。(疥癬トンネル)
症状は掻痒感の強い丘疹。
ある程度強い宿主特異性を示し、ハムスターやウサギ、人にも接触感染するが、一過性のことが多いようです。
※宿主特異性とは寄生する動物を選ぶこと。
※ダニが皮膚にトンネルを掘って生活しているため皮膚の検査にはガリガリと血が滲むくらい皮膚を削っての検査が必要なこともあります。
治療には駆虫薬のレボリューションを使います。
posted by ぽてと動物病院 at 00:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

イエダニ《ハムスター》

こんばんは。中村です。

先日、ペットショップで購入したばかりのハムスターさんにダニがいるとのことで来院がありました。
血を吸われて貧血が起きていて元気もない状態でした。
取ったダニを顕微鏡で見てみると
DSC_0215.JPG

DSC_0227.JPG
イエダニでした。

イエダニは、ハムスター、スナネズミ、モルモット、マウス、ラット、ウサギ、人に寄生します。
イエダニはオスもメスも吸血します。サイズは0.75mmくらいで、血を吸うと赤くなり1mmを超えてきます。
動物に寄生するのは吸血時のみで、その他の間は床敷きや壁の割れ目などに潜んでいます。
約60日の寿命の間におおよそ100個の卵を産みます。
吸血により痒みを伴う皮疹や貧血を起こし、濃厚感染すると繁殖障害、重篤だと致死的なこともある。
治療は、駆虫薬と環境の清掃です。
当院ではレボリューションという駆虫薬を使用しています。

また、イエダニはQ熱、発疹痘など人獣共通感染症を引き起こす原因となることもあるので注意が必要です。
posted by ぽてと動物病院 at 23:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

7月の診療時間の変更のお知らせ

こんにちは。中村です。
梅雨が例年なく早く過ぎたようですが、雨と湿気はまだ残りそうです。

《7月の診療時間の変更をお知らせいたします》
7月7日(土) 診療時間が9:30−16:00のみとなります。夕方休診
7月8日(日) 勉強会のため、終日臨時休診となります。
7月16日(月・) 祝日のため終日休診となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご確認をお願いいたします。
posted by ぽてと動物病院 at 13:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする